乳酸菌には美容効果もあり?美肌になれる理由を徹底検証!

 

ニキビや吹き出物、肌荒れなどのトラブルが起こる場合、腸の悪玉菌が関係している場合があります。
便秘になるとニキビができやすいというのは、体験的にご存知な人も多いのではないでしょうか。

 

肌トラブルが出た時には、スキンケアも大切ですが、同時に体内ケアも必要かもしれません。
どんなにお肌の外側からスキンケアを行っても、腸内環境が乱れた状態では、なかなか肌トラブルの解消にはならないものです。
そこで、積極的に利用したいのがビフィズス菌や乳酸菌ですね。
これらの善玉菌には、皮膚の炎症を抑える効果があるものとして、具体的に以下のような菌が存在します。

 

クレモリス菌FC株

カスピ海ヨーグルトに含まれる菌です。
これには、EPSと呼ばれる粘り成分があり、抗炎症作用があることが分かっています。
アトピー性皮膚炎の症状緩和にもよいといわれています。

 

乳酸菌抽出物LFK

 

「フェカリス菌FK-23」という菌に特別な処理を施すことによって、免疫機能向上が3倍以上になることが分かっています。
このFK-23菌から抽出されたものが、乳酸菌抽出物LFKです。
紫外線ダメージによる色素沈着を35%も抑制するという実験結果が報告されています。
また、ニキビの改善にも効果的だということが分かっています。
このように、ビフィズス菌や乳酸菌によって、ニキビなどの肌トラブルが改善されることは実験結果がきちんと報告されています。

 

このほかの善玉菌に美肌効果がないというわけではなく、乳酸菌摂取の際にできるだけ多くの菌を摂取する方が効果的なのです。

 

 

乳酸菌革命なら、ビフィズス菌・ラブレ菌・ガセリ菌など主役級の乳酸菌が16種類も配合されています。
乳酸菌を試して中々効果がでなかったという人も種類や数が多くとれる乳酸菌革命を一度試してみてもいいかもしれませんね。

 

私がお試しした乳酸菌革命の口コミや成分・お得情報などもまとめているのでければみてみてください^^

 

最安値!乳酸菌革命の特別キャンペーンページはこちら