乳酸菌革命の便秘解消効果は?即効性はあり?


乳酸菌革命の便秘解消効果はどのくらい期待できるのでしょうか。
そもそもどうして乳酸菌を摂取することが便秘解消になるのか、疑問に思っている人もいるかもしれません。
そこで、乳酸菌摂取と便秘解消の関連性について、少し掘り下げてみたいと思います。

 

便秘解消への鍵!善玉菌と悪玉菌


私たちの腸には、腸内細菌という細菌が住んでいます。
これには、善玉菌と悪玉菌、どちらでもない日和見菌という3種類の菌が存在しています。
乳酸菌やビフィズス菌は善玉菌で、体にとって良い働きをしてくれます。
一方の悪玉菌は、健康に悪影響をもたらす菌なので、できるだけ増やしたくないものです。

 

善玉菌と悪玉菌はお互いにバランスをとりながら住み着いています。
つまり、善玉菌が増えれば悪玉菌が弱くなり、悪玉菌が増殖すると善玉菌の働きが弱くなる、といった感じです。

 

悪玉菌は体にとって良くないといいましたが、ゼロになればいいというものでもありません。
善玉菌と悪玉菌、日和見菌の理想的な割合は、2:1:7と言われています。
悪玉菌が善玉菌よりも多くならないようにすることが、健康の秘訣なのですね。
悪玉菌が腸に増えてしまうと、腸の収縮運動がうまく機能しなくなります。
そのため、便秘が起こってしまうというわけなのです。

 

また、悪玉菌が増えることによって、肌トラブルが起きたりアレルギーの悪化も引き起こされることがあります。
その状態を放置しておくと深刻な病気につながることもあるので、普段からしっかりと腸内環境のケアを行っておきたいものです。

 

悪玉菌を増やさないためには?

では、悪玉菌を増やさないためにはどうすればいいのでしょうか。

 

悪玉菌は酸に弱いという性質があります。
このため、腸で酸を生成する善玉菌を増やすことで、悪玉菌の勢力を弱めることができるのです。
腸の善玉菌には、乳酸菌とビフィズス菌がいます。
一般的に乳酸菌と呼ばれる場合、そのなかに善玉菌としてのビフィズス菌が含まれていることもありますが、厳密には次のような違いがあります。

 

乳酸菌…主に小腸に生息しており、ブドウ糖や乳糖などを分解して「乳酸」を生成する。

 

ビフィズス菌…主に大腸に生息。糖類を分解して「乳酸」と「酢酸」と生成する。大腸でビフィズス菌が作るこれらの酸が腸の蠕動運動促進に役立つため、便秘解消しやすい。

 

このように、便秘解消のためには、ビフィズス菌を増やすことが大切です。

 

 

乳酸菌革命はビフィズス菌のほかにも、ラブレ菌やガゼリ菌などの主役級の乳酸菌が16種類も配合されています。
さらに乳酸菌を活発にしてくれる食物繊維やオリゴ糖も含んでいるので腸をしっかり整えてくれます。

 

飲み続けて最初は殆ど効果は無かったのですが3日目位から、便通良くなってきたので効果が出てきたのを実感できるようになっています。 
使い続けて3週間くらい経つと一週間に4回程は便通があるようになり、飲んでいくうちに肌のつやも出てくるようになっています。 
効果を実感できるようになってからは定期的に購入しています。


 

口コミをみると乳酸菌革命を飲んで便秘への即効性を感じたという人も多いです。
ポイントは便秘がひどい場合は飲む量を多めに調整すること。
乳酸菌革命は2〜6粒が一日の摂取目安なので効き目により飲む量も調整しやすくておすすめです。
腸内環境を整えるために、積極的に活用したいですね。

 

私がお試しした乳酸菌革命の口コミや成分・お得情報などもまとめているのでければみてみてください^^

 

最安値!乳酸菌革命の特別キャンペーンページはこちら