乳酸菌革命は安全?副作用をチェック!

乳酸菌革命を飲んでから逆に体調が悪くなったという口コミもあります。
ですがそれは良くなる前の前兆の好転反応かもしれません。

 

好転反応と言われても、ピンとこな人も多いのではないでしょうか。
好転反応とは何なのか、乳酸菌で起こる好転反応にはどのようなものがあるのか、詳しく説明していきます。

 

 

好転反応って何?


好転反応と言うのは、もともと東洋医学で使われていた専門用語です。
これは何か治療を受けたときに、一時的に体に起こる反応で、症状の改善というよりもむしろ悪化してしまうように見える症状のことです。

 

現代では、広いジャンルで用いられるようになり、健康食品やサプリメントに対しても、好転反応と言う言葉を用いることがあります。

 

 

好転反応の症状

好転反応の症状にはいろいろなものがありますが、主に便秘、下痢、肌荒れ、かゆみ、吹き出物、胃痛、腹痛、吐き気、発熱、発汗、眠気、倦怠感などがあります。

 

好転反応が起こるのは、それまで衰えていた器官が、健康食品やサプリなどによって機能改善し始めた時、身体の他の部分との均衡が悪くなり反応が起こるためだと考えられています。

 

例えばデトックス機能が回復され、不要物を排出する力が高まると、以前に比べて血行が良くなったりして、その反応として好転反応の症状が出ることがあります。

 

 

好転反応と副作用の違い

好転反応は、副作用ともよく混同されます。
しかし、この2つには大きな違いがあります。

 

副作用は、薬の服用など、主に医療行為によって、その本来得られるはずであった効果以外に現れる作用のことを指します。

 

健康食品やサプリに関してはお薬ではないので、そもそも副作用という言い方はできません。

 

また副作用は、薬を飲み続けたり医療行為を継続する間、ずっと持続して現れるものです。
それに対して好転反応は、より健康な状態に向かう途中で一時的に起こる症状のことです。

 

もし好転反応だと思っていたものが、いつまでたっても継続し、体の不調が改善しない場合には、それは好転反応ではなく他のアレルギー症状の可能性もあります。

 

 

好転反応が出たときには

では、好転反応が出てしまったらどうすればよいのでしょうか。

 

乳酸菌関連の健康食品サプリメントに関しては、好転反応が出たと言う報告はあまり多くありません。
ただし、その人の体質や体調によって、サプリメントに含まれる乳酸菌が体に合わないということもあります。

 

また、腸の調子を整えてくれる乳酸菌ですが、容量を超えてたくさん飲んでしまったりすると、お腹が緩くなったり下痢になることもあります。
乳酸菌はたくさん摂れば効果がより早く現れるというものではありません。
容量を守って、体調を観察しながら飲むようにしましょう。

 

当然のことですが、乳酸菌サプリはお薬ではありません。
そのため即効性は期待できませんので、毎日継続して飲むことが何よりも大切です。

 

正しい飲み方をしているのに、好転反応が出てしまったと言うときには、摂取量を半分にして飲んでみましょう。
それでも症状が改善されない場合には、乳酸菌サプリに含まれる原料に対してアレルギー反応が凝っている場合も考えられます。

 

 

私がお試しした乳酸菌革命の口コミや成分・お得情報などもまとめているのでければみてみてください^^

 

最安値!乳酸菌革命の特別キャンペーンページはこちら